METELOG

This is the information site with a focus on business!

METEORICCODING

スカイツリーが悪天候時も絶景体験可能なVRサービス開始!

07081

スカイツリーでは悪天候時でも絶景体験可能なVRサービス開始しました。

観光名所としてすっかりおなじみとなったスカイツリーですが、雨天などの際はどうしても景色があまり良くないのも悩みの1つです。

とはいうものの天候には逆らうことができません。

そこで対処として悪天時に好天時眺望が可能な視界不良時限定サービス「東京スカイツリーVR」を投入したというわけです。

最近VRサービスの導入が目立ってきています。

1度体感したら納得行くアイテムで、リアル感が大変すごいと評判です。

悪天で実際に絶景を見ることができなかったという人もリアルな体感で満足したいところです。

絶景体験のすごさは1度してみないとなかなかわからないかもしれません。

逆に体感してみると良く分かるかと思います。

東京スカイツリーでは4台ほど「天望デッキ フロア350」を設定しています。

専用のヘッドマウントディスプレーを装着することで360度全方向を見回しつつ、3次元の映像を楽しむことができます。

悪天候の際も絶景体験を楽しめるなら、安心して出かけることができますね。

悪天候の際の観光は何かとロスがつきものですが、こうしたサービスがあると天候を気にすることなく楽しむことが可能となります。

まだスカイツリーに足を運んだことがないといった人はぜひこの機会に行ってみてください。

SkyPDF Converterで複数ファイルの一括変換!

ファイルの変換については操作がけっこう面倒です。

数が多くなればなるほど、作業についても時間がかかります。

そこでぜひ欲しいのが複数のファイル一括変換です。

PDFの複数のファイル一括変換したいといった人に活用してほしいのがSkyPDF Converterです。

SkyPDF Converterは変換操作が可能であり、まずは変換したいPDFファイルを右クリックします。

そして「SkyPDF Converter」を選択、メニュー表示から変換したいファイル形式を指定すればOKです。

プレビュー画面を確認しつつ変換を行って、最大20ファイルまで一括変換ができます。

これは便利ですね。

変換の際にありがちなレイアウトについても崩れることなく表現することが可能であり、性能についても確かな力を有しています。

例えばプレゼンテーションでも資料として利用できます。

Pdfから変換してレイアウトを崩すことなくプレゼンテーションに貼り付ければokです。

せっかく作成するならかっこいいプレゼンを作成したいところですよね。

ワードへの変換なども可能であり、応用としても利用できます。

https://www.skycom.jp/product/skypdf/skypdf_converter.php

言語ですが現在日本語と英語に対応しています。

変換後の出力方法設定としては白黒・グレー・カラーの指定、フォント指定、ノイズ除去、画像傾き補正、自動文字修正、類似文字自動補正、斜体認識などが対応可能です。

JAL国内線で、飛行機内にWi-Fi導入を検討していると発表!

7fc1e8c2

JAL国内線では飛行機内にWi-Fi導入を検討していると発表しました。

JAL国内線のWi-Fi導入については2014年1月30日付けで日本航空(JAL)より機材刷新プロジェクト「JAL SKY NEXT」の一環として、国内線機内での無線LAN接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を7月から順次開始するとの正式発表が行われました。

インターネット接続は400円からとなっており、無料コンテンツ配信も手がける予定です。

JAL国内線のWi-Fi導入では観光情報誌を発行している「るるぶ」とコラボして、到着先のクーポン配信なども行われます。

忙しい人も飛行機の中でるぶぶをチェックすれば、到着先にたどりつくタイミングでクーポンなどを調達できるというわけです。

もちろんるぶぶ本業の観光情報についても紹介しており、積極的に活用したいところです。

閲覧についても工夫が凝らされており国際線に比べて搭乗時間が短いため、短尺のコンテンツを中心に取り揃えるとしています。

Wi-Fi導入にあたり、米gogoの衛星通信サービスを利用する予定です。利用料金は30分あたり400円となっています。

また時間制限がないプランも用意されているのでニーズにあったものを利用するといいでしょう。

飛行距離と利用デバイスによって料金が異なり、450マイル以下(東京〜大阪など)はスマートフォン向け500円/タブレット&PC向け500円、451〜650マイル(東京〜福岡など)はそれぞれ500円/700円、651マイル以上(東京〜沖縄など)は700円/1200円となっています。

利用できるのは国内線のボーイング777-200/-300型機、ボーイング767-300/-300ER型機、ボーイング737-800型機の計77機を予定。

今年7月から2016年前半にかけて順次導入していく予定です。

RECENTLY

METEORICCODING
charityplatform

[ MANAGER ]

  [ MANAGER ]

NAME : MAKIHITO OCHI
HOBBY : MUSIC,DARTS

CONTACT US