METELOG

This is the information site with a focus on business!

METEORICCODING

沖縄で地域観光をVR映像体験の実証実験!

07073

沖縄で地域観光をメインとしたVR映像体験の実証実験がスタートしています。

この開発はNTTドコモとコンテンツ開発のクロスデバイスで連携して行われています。

そもそもは広島県竹原市など自治体向けにVR技術を活用した通信システムの提案がきっかけでした。

スマートフォンを介してその場にいるようなリアル体験をするといったものです。

旅行前にぜひシュミレーションしたいアイテムです。

VR映像については最近盛んに取り入れがすすめられています。

1つ問題なのは体感しないと実感がわかないというものです。

こういうものがあるとなんとなくわかっていても、実感がないと次にはつながらないものです。

まずはユーザーに体感してもらうことがテーマとなります。

観光地についてはテレビで見たことがあるといった人もいることでしょう。

テレビで見るだけではなく、見所や雰囲気をリアルに楽しめるのがVR映像です。

躍動感を伝えることで訪問者を増やし、地域活性化につなげたいといった考えもあるかと思います。

撮影はカメラで撮影したものが主となります。

パノラマ撮影なども駆使してみるといいでしょう。

データ送受についてもスマホを通じて行うことができます。

これらができるのは「HMD」を利用して受信するといったシステムだからです。

現在は竹原市をはじめ、浜松市など複数の自治体に提案しています。

例えばこんなコーナーもあります。

市町村や観光協会にある「VRキヨスク」です。

こちらではタッチパネルを選択することで、地域の魅力を発信するよう設定されています。

沖縄では観光プロモーションが非常に長けている地域でもあります。

沖縄だからこそ発信できる、すばらしい魅力にも注目したいところです。

NTTドコモが自動運転でDeNAと提携へ!

07012

NTTドコモが自動運転技術でDeNAと提携を発表しています。

自動運転技術は各企業にとっても大きなチャレンジとなっています。

日本では2020年のオリンピック開催に向けて運行したいと考えている企業も多く、もうそう遠くない日に運行されることでしょう。

携帯電話でお馴染みのドコモが手がけている開発とはどういったものか?そちらについても気になるところです。

ドコモの開発ですが、次世代通信方式を利用して混雑状況や交通情報をリアルタイムで把握するといったものです。

混雑状況や交通情報ですが、リアルタイムでの把握はなかなか難しいところです。

まず何より情報収集が難しいことが1番の要因です。

それを通信の力で容易にすることで、リアルタイムでの情報発信が可能となります。

ドコモの次世代通信についても期待したいところですね。

携帯は私たちの生活にとっても欠かせないものとなりました。

逆にいうと身近にある当たり前のアイテムで情報収集が簡単に可能となるわけです。

仕事柄、車にいる機会が多いといった人は、車で利用できるようなwifiを備えておくのもおすすめです。

実験についてはまず福岡市内の九州大学キャンパス周辺で実施する予定です。

双方のノウハウを存分にいかして、自動車メーカーへの採用を促す見込みです。

自動運転技術にとっても携帯電話と次世代通信は欠かせない存在となっています。

スマホだけであらゆる必要事項が完結してしまうなんて時代ももうすぐそこまで来ています。

格安SIMの売り上げは前年比6割増に!

06282

格安SIMの売り上げは前年比6割増になったと発表されています。

手ごろな価格で利用できるスマートフォンとして乗り換えたいといった人も多いのではないでしょうか。

契約についても順調で3月末時点の契約数は539万4000回線、前年比65.5%の大幅な伸びとなりました。

2018年3月末は1170万回線に倍増することが見込まれています。

格安SIMが順調に売り上げを伸ばしている背景には仮想移動体通信事業者(MVNO)と呼ばれる業者の提供があります。

大手の通信回線を利用しており、通信についても遜色はありません。

また自社のショップを持たないことから月額利用料は大手通信会社の半額程度となっています。

格安SIMは契約者が急増しています。

低料金であることはもちろん、家電量販店や楽天などの販売が積極的な増加をもたらしています。

認知度が高い企業だと買う側としても安心して購入できるわけです。

また大手通信会社が「実質ゼロ円」を見直ししたこともきっかけとなっています。

大手通信会社も料金引き下げを実施したり、メリットを出す工夫をしています。

サービスカウンターに行けば、すぐにサポートを受けることができるといった点も大きなメリットです。

ドコモ社長の吉沢和弘氏は次のようにコメントしています。

「ドコモが提供する(動画や雑誌コンテンツなどの)サービスを販売したいというMVNOもある」

売り上げそして契約数についても順調な様子が伺えます。

契約数についても気になるところです。

乗り換えしたいといった人は、まずはサイトからチェックしてみるといいでしょう。

RECENTLY

METEORICCODING
charityplatform

[ MANAGER ]

  [ MANAGER ]

NAME : MAKIHITO OCHI
HOBBY : MUSIC,DARTS

CONTACT US