METELOG

This is the information site with a focus on business!

METEORICCODING

「住みよさランキング2016」千葉県印西市が1位!

06292

これから新たな住居を探すといった人は「住みよさランキング2016」をチェックしてみるといいでしょう。

「住みよさランキング2016」ですが毎年東洋経済新報社が全国の都市を対象に公表しているものです。

せっかくなら住みやすい地域に住みたいところですね。

上位50都市について公開されているので、チェックしてみるといいでしょう。

判断がどのように行われているのか、そちらについても気になるところです。

都市力の観点を5つほど掲げ「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」から分析しています。

採用については15指標となっており、平均値を50にして偏差値を出す方式でランキングしたものです。

今回の対象ですが2016年6月20日現在の813都市(全国790市と東京23区)となっています。

そして見事1位に輝いたのが千葉県印西市です。

千葉県印西市は首都圏からも近く、アクセスも良い立地となっています。

2位が愛知県長久手市、3位が富山県砺波市です。

こちらについても今後人が増える可能性があるエリアです。

千葉県印西市については5年連続トップとなっており、君臨している点が素晴らしいといえます。

なぜそこまで絶賛されるのか?というと東京都から約40KMほどの場所にあり、北総線の千葉ニュータウン中央駅から東京都心まで鉄道利用の
所要時間は約50分となっています。

成田空港からのアクセスもよく、また羽田までは直行電車が走っています。

これから新たに住居を構える予定の人は、上記についてもチェックしてみることをおすすめします。

奇跡のスーパープレイ動画が話題に!

11201

 

 

動画についても人気であり、話題性のある動画をチェックしているといった人もいることと思います。

最近話題になっているのが小学生のミニバスケットボールの試合です。

小学生のミニバスケットボールの試合で起きた逆転の様子なのですが、スーパープレイに注目が集まっています。

そのスーパープレイはまさに漫画のようなアクションです。

この動画は2015年7月に福岡市で行われた夏期交歓大会の決勝戦の模様です。

夏期交歓大会の決勝戦で黒のユニフォームは和白東、白のユニフォームは百道シューティングスターズとなっています。

両者とも賢明な戦いで延長戦までもつれ込みました。

残りあと2秒という場面で和白東が1点リードする場面で和白東がファウルをとられます。

そこに百道シューティングスターズが見事なフリースローを決め、逆転するというわけです!

わずか2秒の出来事で運命が大きく変わる週間です。

しかしここで和白東の4番がゴール下からロングシュートを決めます。

これもまた得点につながり、見事和白東の勝利となるわけです。

たったこれだけの時間で2つも奇跡が起きた動画。

これは話題になるのは納得のいく話です。

http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB+%E5%92%8C%E7%99%BD%E6%9D%B1&tid=eb1861857d6315ff83ceca0c064adc23&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1

再生エネ買い取りの競争に注目!

10295

 

2016年の市場で今熱い視線が集まっているのが「固定価格買い取り制度(FIT)」の見直しです。

「固定価格買い取り制度(FIT)」の見直しですが、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで発電した電気の買い取りに関する事業となっています。

買取価格について厳しく査定する方針を固めており、いよいよ電気についても価格競争がはじまります。

太陽光や風力など再生可能エネルギーについて価格決定新方式がとられる予定です。

買取については私たちもメリットがあります。

例えば電気料金が今より2割近く安くなれば家計的にも助かりますよね。

このように買取によって生活の流れも変わることが予想されます。

買取についても業者間の競争を促す予定です。

現在80社以上が名乗りを上げていることから、価格競争についても期待できます。

電気ですが日本の電気料金は世界各国と比較してもそこまで高くはありません。

現段階で需給や導入量に応じて買い取り量を調整できる入札制度も検討しているそうです。

こちらについても期待したいところですね。

太陽光については買い取り価格の高さから業者参入が集中しています。

発電効率の優れた事業者を基準に買い取り価格を決める方針です。

また他の事業者にコスト改善を促すことも検討中だそうです。

風力の再生可能エネルギーについても注目度の高いジャンルです。

こちらについても買取価格が良い形で進められるよう期待したいところですね。

電気料金についても2016年は大きな改革の年となりそうです。

RECENTLY

METEORICCODING
charityplatform

[ MANAGER ]

  [ MANAGER ]

NAME : MAKIHITO OCHI
HOBBY : MUSIC,DARTS

CONTACT US