METELOG

This is the information site with a focus on business!

METEORICCODING

Xperia周辺機器音楽に合わせて踊る球体スピーカー「BSP60」が話題沸騰中!

07092

今話題になっているのが写真のように真っ黒な球体の「BSP60」です。

「BSP60」は外付けタイプのBluetoothスピーカーです。

このスピーカーは単なるスピーカーではなく、音楽にあわせて踊ってくれる機能がついています。

直径100ミリの黒の球体で、ボディーはピカピカそのものです。

一見、Googleの「Nexus Q」のようにもみえます。

スマートBluetoothスピーカーはコミュニケーションも可能な商品です。

電源が入っていない状態を見てみると、NFCマーク以外はあまりみえません。

裏がえしてみると電源スイッチの他に球状のキャスターが2つ見えます。

走り出すためのホイールが2つほどついています。

microUSB端子についてもついてあります。

なんとも不思議ですが、充電も可能です。

そしてさすがはソニー周辺機器の中でも球体スピーカーの性能は言うまでもありません。

Xperiaに操作するためには「Smart Bluetooth Speaker BSP60」アプリが必要です。

またもう1つ「ボイスコントロール for BSP60」アプリについてもインストールが必要となります。

これらをセットアップさせれば無事完了となります。

ディスプレーには時刻が大きく浮かびあがります。

目覚ましについてもあります。

周辺機器球体スピーカーとして人気の理由が良くわかるアイテムです。

周辺機器球体スピーカーについて興味がある人は、購入をぜひ検討されてはどうでしょうか?

スマートカードの普及に注目!

01122

最近「ICカード」に注目が集まっています。

スマートフォンから利用できる「スマートカード」をはじめ、電子マネーカードなど色々なものがありますよね。

従来のICカードがスマートフォンやBluetoothで無線通信できるクレジットカードなんてものも登場しています。

それらの中でもインテリな機能を備えたのがスマートカードというわけです。

スマートカードですが、アジアや欧州諸国で普及し始めています。

私たちの周りのアイテムを見てみると半導体チップが組み込まれているものが多数見受けられるようになりました。

カードの表面からみえないまでも、内部とアンテナなどに組み込まれており進化を遂げています。

さらに進化を遂げたのがまさしく上記カードです。

海外では金融系や交通系カードで利用されています。

となると次世代はどうなるのか?その点も気になります。

次世代ですが、バッテリーが搭載されたものが期待されています。

バッテリーがあるのとないのとでは自立性の面で異なっています。

自立性があればICについても必要となります。

ICカードや半導体チップ導入などさらなる工夫が期待されています。

半導体チップの活用についてはサイズについても注目したいところです。

現在国際規格では0.760mmと制約されています。

正確には「54.98×85.60×0.760mm」サイズとなっているためデバイス搭載が増えてもこのサイズ内に収めなくてはなりません。

小型であることは当たり前のように感じるかもしれませんが、切磋琢磨の努力が伺えます。

スピーシーズ、2015年4月より動くフィギュア「MF303」を発売する予定!

88382627

ロボット開発のスピーシーズでは2015年4月より動くフィギュア「MF303」を発売する予定です。

動くフィギュア「MF303」はリナックスベースを採用しています。

スピーシーズではロボット技術を用いて「MF303」を作製しています。

上記の購入については無料開発コミュニティメンバー登録が必要です。

価格については30万円以下を予定しています。

スピーシーズ動くフィギュアですが「Motion Figure System」の技術をもとに開発された製品です。

今までのふぃギアについてはサーボモーター内蔵でモーターの音や重量、音がネックになるのが通例でした。

今回のタイプについては「多関節両引きワイヤー」で駆動するのが特徴です。

「多関節両引きワイヤー」を活用して28の自由度を持つ製品となっています。

腰:3軸、足:5軸×2、腕:5軸×2、頭部:3軸、取り付け部:2軸です。

関節駆動範囲については最大200度となっています。また身長は35cmです。

このように自由度がさらに広がったモデルで、リナックスの中でも制御部にはRaspberry Piを利用しています。

リナックスですがソフトウェア開発も可能であり、MikuMikuDance(MMD)で作成したモーションデータ(VMDファイル)についても取り扱うことが可能です。

ロボット技術の面からも注目度が高い製品です。

ホストについてはBluetooth LEやWi-Fiでの接続が可能です。

RECENTLY

METEORICCODING
charityplatform

[ MANAGER ]

  [ MANAGER ]

NAME : MAKIHITO OCHI
HOBBY : MUSIC,DARTS

CONTACT US