METELOG

This is the information site with a focus on business!

METEORICCODING

アメリカでは事業用ドローンに免許について新ルール!


06251

アメリカでは事業用ドローンに免許について新ルールを設定することを発表しました。

ドローンはインフラでも重要な存在であり、農地でも活用が広がりつつあります。

免許についてもある程度の用件を満たすことが前提であり、2016年8月から実際される予定です。

免許を持つことで秩序を守った形の使用がさらに普及することが予想されます。

ドローンの利用は農地や公共、インフラ管理、科学調査、教育などさまざまな分野で検討されています。

例えば農地についてはアメリカは国土が広く、規模も大きいことから日本に比べるとはるかに広大な面積で営んでいる人も少なくありません。

薬の散布などもドローンの活躍が期待できます。

新ルールはどういったルールなのか、そちらについても気になるところです。

新ルールで対象となるのは重さ55ポンド(約25キロ)未満のドローンです。

免許は16歳以上と定められており、連邦航空局(FAA)が適格者に交付する形となります。

高度400フィート(約120メートル)以下などの条件については事業利用で決まります。

これまでは事業利用は個別許可が必要でした。

個別許可はハードルが高いといった声も多く、今回のルール化によって恩恵を受ける人は増える見込みです。

日本でもドローンの使い方は度々問題となっています。

ルールを守って秩序ある使い方をすれば、実に有益なものでもあるのです。

インフラの整備でもドローンの活躍は期待されます。

人手不足解消はもちろん、人手がなかなか行き渡らないところでの活躍も可能なのがドローンです。

Category: Robot・Electronics

Tagged: , ,

Leave a Reply

METEORICCODING
charityplatform

[ MANAGER ]

  [ MANAGER ]

NAME : MAKIHITO OCHI
HOBBY : MUSIC,DARTS

CONTACT US