METELOG

This is the information site with a focus on business!

METEORICCODING

ソニーがロボット開発に「再参入」へ!

07061

あらゆる企業が注目している事業の1つとして「ロボット開発」が挙げられます。

ソニーは一度ロボット開発事業を撤退したのですが、再参入の意思を明らかとしています。

世界のソニーがどういった参入となるのか、各社でも大きな視線を浴びています。

ソニーの技術力の高さはそれこそ世界のソニーの名でもおなじみとなっています。

現在日本ではソフトバンクのペッパーなどがメジャーです。

この時期にあえてソニーが再参入するのはどういった意味があるのか、そちらについても気になるところですね。

ロボットの役割ですが最近求められているのもの1つとして「コミュニケーション」があげられます。

ただ一方的に挨拶するといったものではなく「会話」ができるレベルです。

みなさんもAIBOについてはご存知かと思います。

AIBOは1999年に登場し、その後変化を遂げています。

その中でも特に進化した点は「ロボットとの位置関係」となっています。

AIを駆使してからロボットはさらに優秀となり、すでに人間を超えた部分もあります。

囲碁についてもその中の1つです。

ロボットは教えるものではなく、教えてくれるものになりつつあります。

世間のイメージもだいぶ変わってきたことでしょう。

世界のソニーのロボット開発再参入はそれこそ、世界各国に衝撃を与える新たなロボットを生み出す可能性も十分あります。

ロボットは「こんなものがほしい」というアイディアから生まれます。

仕事でも「こんなことをしてくれたら便利なのに」と思うものが実現されています。

10年後はロボットがさらに活躍している国となっていることでしょう。

アメリカでは事業用ドローンに免許について新ルール!

06251

アメリカでは事業用ドローンに免許について新ルールを設定することを発表しました。

ドローンはインフラでも重要な存在であり、農地でも活用が広がりつつあります。

免許についてもある程度の用件を満たすことが前提であり、2016年8月から実際される予定です。

免許を持つことで秩序を守った形の使用がさらに普及することが予想されます。

ドローンの利用は農地や公共、インフラ管理、科学調査、教育などさまざまな分野で検討されています。

例えば農地についてはアメリカは国土が広く、規模も大きいことから日本に比べるとはるかに広大な面積で営んでいる人も少なくありません。

薬の散布などもドローンの活躍が期待できます。

新ルールはどういったルールなのか、そちらについても気になるところです。

新ルールで対象となるのは重さ55ポンド(約25キロ)未満のドローンです。

免許は16歳以上と定められており、連邦航空局(FAA)が適格者に交付する形となります。

高度400フィート(約120メートル)以下などの条件については事業利用で決まります。

これまでは事業利用は個別許可が必要でした。

個別許可はハードルが高いといった声も多く、今回のルール化によって恩恵を受ける人は増える見込みです。

日本でもドローンの使い方は度々問題となっています。

ルールを守って秩序ある使い方をすれば、実に有益なものでもあるのです。

インフラの整備でもドローンの活躍は期待されます。

人手不足解消はもちろん、人手がなかなか行き渡らないところでの活躍も可能なのがドローンです。

7月羽田で外貨を電子マネーに交換できる端末が登場!

06201

海外旅行の帰りに外貨が余っているといった人もいることでしょう。

エクスチェンジで両替することは可能ですが、コインなど細かいお金になると両替に応じてくれないケースも少なくありません。

海外のお金を持っていてもなかなか使う機会がなく、ただ保管しているだけといった人も多いのではないでしょうか?

そんな人に朗報です!

海外旅行で余った通貨を電子マネーに交換できる端末が登場しました。

この端末ですが2016年7月に羽田空港で登場予定となっています。

開発された端末はキオスク端末です。

具体的にどういった形で電子マネーと交換するのか?というと余った外貨を電子マネーやギフトコード、クーポンなどSuicaやPASMO、
AmazonやLINEにかえるといったものです。

キオスクの端末登場が楽しみですね。

両替については「面倒」と感じている人も多いことでしょう。

日本に帰国後気軽にできるのであればそんなに面倒といったイメージはありませんよね。

「また行くだろう」と思っていても、海外はなかなか行くことが難しいのが現状です。

外貨交換できるのは「ポケットチェンジ」というものです。

タッチパネルを操作してお金を投入するだけなので、パスポート提示など面倒なことはありません。

国際化に向けてこうした便利なサービスが更に浸透していくことが予想されます。

RECENTLY

METEORICCODING
charityplatform

[ MANAGER ]

  [ MANAGER ]

NAME : MAKIHITO OCHI
HOBBY : MUSIC,DARTS

CONTACT US