METELOG

This is the information site with a focus on business!

METEORICCODING

海外でスマホの利用時に注意したいこと!

07093

海外旅行でもスマートフォンの活用は便利となっています。

そのまま海外で利用できる携帯電話も多く、現地ですぐに利用できます。

しかしその反面、操作を誤ると請求額がとんでもないことになりかねません。

特に気をつけたいのが「データローミングをオフ」にするといったものです。

データローミングをオフですが、海外でスマホを利用した際、現地の通信会社につながるサービスです。

現地の通信会社の料金で請求が来てくれれば問題ありませんが、これが一旦日本に飛ばされる形となるので額についても相当なものとなりま
す。

気がついたらパケット通信料がとんでもない額になっていたなんて話も。

もちろん使い放題などは通用しません。

海外旅行に行く際は、データローミングの状態がどうなっているか、しっかりチェックしてから行くことをおすすめします。

もしGPSのアプリが起動するといったことになっている場合、データー通信は自動で行われてしまいます。

1番良いのはデータローミングについてあらかじめ自分が利用している携帯サービス会社に行き、確認してから海外へ行くといったもので
す。

これは確実です。

iPhone(iOS7)の場合は、「設定」→「モバイルデータ通信」→「ローミング」→「データローミング」で設定が可能です。

Androidの場合は、「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワークを設定」→「データローミング」設定が可能です。

機種やバージョンでやり方が異なる場合もあるので、注意が必要です。

Xperia周辺機器音楽に合わせて踊る球体スピーカー「BSP60」が話題沸騰中!

07092

今話題になっているのが写真のように真っ黒な球体の「BSP60」です。

「BSP60」は外付けタイプのBluetoothスピーカーです。

このスピーカーは単なるスピーカーではなく、音楽にあわせて踊ってくれる機能がついています。

直径100ミリの黒の球体で、ボディーはピカピカそのものです。

一見、Googleの「Nexus Q」のようにもみえます。

スマートBluetoothスピーカーはコミュニケーションも可能な商品です。

電源が入っていない状態を見てみると、NFCマーク以外はあまりみえません。

裏がえしてみると電源スイッチの他に球状のキャスターが2つ見えます。

走り出すためのホイールが2つほどついています。

microUSB端子についてもついてあります。

なんとも不思議ですが、充電も可能です。

そしてさすがはソニー周辺機器の中でも球体スピーカーの性能は言うまでもありません。

Xperiaに操作するためには「Smart Bluetooth Speaker BSP60」アプリが必要です。

またもう1つ「ボイスコントロール for BSP60」アプリについてもインストールが必要となります。

これらをセットアップさせれば無事完了となります。

ディスプレーには時刻が大きく浮かびあがります。

目覚ましについてもあります。

周辺機器球体スピーカーとして人気の理由が良くわかるアイテムです。

周辺機器球体スピーカーについて興味がある人は、購入をぜひ検討されてはどうでしょうか?

世界各国で歩きスマホを防ぐ対策を考案中!

07071

世界各国で「歩きスマホ」が問題となっています。

スマートフォンをいじりながら歩くこのスタンスは、街でもよく見かける光景です。

歩きスマホですが車や電車と接触する事故を引き起こすなど、問題点が多々見られます。

日本ではもちろんですが、海外でも問題となっており対策は必須です。

大事故にもつながりかねない歩きスマホですがどうしたらなくすることができるのでしょうか。

例えば中国の重慶市では歩きながらスマートフォンを操作するユーザーに対して専用レーンを設置しています。

そんな時代なんだ!と驚きの声があがりそうですね。

ドイツのアウクスブルク市という町では路面電車の信号機を地面に埋め込むなどの実験もスタートしています。

世界各国の動きとしては歩いてスマートフォンを使用しないのではなく、歩いてスマートフォンを使用するユーザー向けに少しでも危なくな
い仕組みづくりをしているのが現状です。

これもまたすごい話しですね。

韓国ではソウル市の50箇所に「歩行中スマートフォン注意」の標識を設置しています。

路面についても注意書きが書かれています。

しかしスマートフォンの操作に夢中で気がつかない人も多いのだとか。

世界各国でもさまざまな対策がなされていることがわかります。

対策も大事ですが、それ以前にモラルについても考えたいテーマです。

携帯電話は便利ですし、情報を見ながら歩きたい気持ちは良くわかりますが「安全」を考慮することこれはいいこととはいえない状況です。

大事故に巻き込まれた場合、被害者も不幸ですが加害者も悲惨です。

今一度考えたいテーマであります。

RECENTLY

METEORICCODING
charityplatform

[ MANAGER ]

  [ MANAGER ]

NAME : MAKIHITO OCHI
HOBBY : MUSIC,DARTS

CONTACT US